気になる副作用 | 痛風の為にザイロリックを飲みたいのなら、通販で買おう

気になる副作用

勃起不全の症状を改善させてくれるED治療薬ですが、薬の種類によっては様々な副作用があります。
全てのED治療薬で現れる副作用として、頭痛や顔のほてりなどがあります。
しかし、バイアグラとレビトラの場合は、持続効果が短いのでその分副作用が長く発生することになります。
反対に、シアリスは36時間も効果が持続しますので、顔のほてりなどの副作用は出にくいと言われています。

また、バイアグラやレビトラによる副作用は服用した9割以上の方は動悸や鼻詰まりなどを体感するのに対して、シアリスの場合は約3割程度の方にしか副作用が発生しませんので、ED治療薬の中では最も副作用の心配が無い薬だと言えます。
ですので、勃起不全だからED治療薬を服用したいけど副作用が心配という男性の方は、副作用が出にくいシアリスを処方してもらう事をオススメします。

バイアグラやレビトラには、服用する際に食事制限が設けられています。
ですので、ED治療薬を服用する前には普段とは違った食生活を送らなければならない場合があります。
しかし、シアリスはバイアグラやレビトラのように食事制限などが特に設けられているわけではありませんので、パートナーとの性交を行う2~3時間前に服用するだけで男としての輝きを取り戻す事ができます。

バイアグラやレビトラは、食事の影響を受けやすいED治療薬なので、食事をした後などに服用すると効果が十分に発揮する事ができない場合があります。
空腹の状態であれば比較的早めに効果を実感する事ができますが、いつでも空腹の状態でスタンバイできるわけではないです。
その点、シアリスなら空腹時だけでなく食事をした後でも問題なく服用でき、しっかりと効果を発揮してくれるのです。
ですので、ED治療薬を処方してもらう際は、食事制限などが必要になるバイアグラやレビトラではなく、空腹時でも食後でもいつでも服用することができるシアリスを処方してもらう事をオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加