できるだけ自分の個人情報は知られたくないと思うけれど、好きになれそうな相手には個人情報を教えてもらいたいと思うのが出会い系サイトを利用する場合の大多数の意見ではないでしょうか。女性利用者は特に連絡先交換に積極的になることはあまりありません。

相手が女性なのにしきりに連絡先を交換しようと言ってくるときは、本当は女性を装っている悪徳業者だったという可能性があります。男性でも、そのぐらい警戒心を持っているほうがちょうどよいと言えるでしょう。恋人探しを目的にネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人もいますが、オフ会の趣旨とは異なる場合も多く異性ばかりに積極的に声をかける人は出会い厨と言われており、参加者たちから好意的には思われないでしょう。

交際相手を探すのが目的であれば参加者たちが同じ目的で登録している出会い系サイトの方が適切です。

その気がない異性にアプローチするよりも目的が同じで趣味を共有できる相手を出会い系サイトで探した方が適しています。
大部分の出会い系では自動返信メールやサクラという存在が実際見られるので、出会い系サイトを効果的に使うためには、相手が出会い目的なのかを判断する事が重要なポイントです。

とはいえ難しいことではないのですが、こちらの意図とまったくかみ合わない自動返信によるメールであるということを判断がつくようでなければ、出会い系は向いてないですよ。

そして、もしも本物の利用者だとしても、それがキャッシュバッカーだという可能性もあるのです。実際に出会い系サイトを利用するときに注意すべきこととしては、一部の出会い系サイトの中には、登録者をより多く集め、ひいては課金させるためにいわゆる「サクラ」を紛れ込ませているサイトもあるということです。多くのサクラは、美しいプロフィール写真と魅力的な経歴で利用者を惹きつけます。万が一、そのようなサクラに魅了され、もちろん、サクラとのやりとりにどれだけコストをかけようが、付き合うことはもちろん会うことも不可能であるため、結果的にサイト側が潤うだけで、あなた自身はお金と時間を無駄にしたことになります。理想の相手にちゃんと出会うためにも、ネット上のレビューや評価を参考にし、高い評価を受けているサイトを自分で判断し、利用するか否かを決めるべきなのです。インターネットのSNSサイトやゲームの友達同士が、直接交流する集まりとしてオフ会があります。こういった集まりで交際相手が見つかるという話もよく耳にしますが、本来が出会いの場ではない場所で異性を口説く人は、場の雰囲気を壊す出会い厨と言われて避けられてしまうでしょう。またオフ会で知り合えた異性がみんなフリーだとは限りませんし、出逢い探しの場としては良くないでしょう。

話の合う交際相手を望んでいるならば、出会い系サイトに登録して好みの異性を探した方が結果につながりやすいのではないでしょうか。
出会い系サイトに限らない事ではありますが、現実に特定の人とお付き合いを始めようとした時、相当時間をかけなければ結論は出ません。

一例をあげると自己紹介欄の項目を無理やり埋めるために誇張して記載している人も少なくありません。

数度のやりとりで好感をもてた人でもその場で交際を決めるのではなく何度かのやりとりを経て何の疑いもなく相手の事が信用できると決断することが運命の分かれ目かも知れません。

もちろん出会い系サイトにはその特性上、いろいろな可能性を秘めています。心の隙間に付け込んだ悪徳サイトも存在しています。サイト上でのやりとりは普通でも、後に暴力をふるわれてしまうケースも少なくありません。

中には遊び相手を探すために出会い系サイトを利用していることもあります。それとは逆に意中の女性に出会えた方もいらっしゃるので、出会い系サイトの中での見る目が重要なのでしょう。出会い系サイトの中には、サービスを利用することでポイントを使ったり貯めたりできるポイント換金制を導入しているところもあります。
このシステムを利用した「キャッシュバッカー」について知っておくべきでしょう。キャッシュバッカーとは、出会いを求めるという本来のサイトの利用目的ではなく、サイトを利用することでたまるポイントを目的として出会い系サイトを利用する人のことをいいます。キャッシュバッカーの大部分は女性ですが、彼女たちはサクラでもないし、生身の人間であるため、自動返信プログラムとのやりとりで起きるような会話の食い違いも起きないため、一般利用者と見分けがつけにくいのですが思わせぶりな態度ばかり取り、実際に会おうとは全くしてくれないようであるならば、それ以上深入りするより、新しい相手を探す方が出会いの近道だということです。

もっと詳しく⇒近場の女と簡単にセックスできる出会い系特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です